真空引きについて

真空引き

真空引きとは?

エアコンの室内機内部と接続配管内の空気を抜く(エアパージ)作業の一つです。配管内(室内機及び接続配管)を真空状態にする事により、空気中に含まれる水分を乾燥させ、冷媒ガスを通します。また当社では、真空引きの際には、チャージバルブを使用し、真空を保った状態でホースを取り外しております。真空ゲージを用いて、接続部分のガス漏れがないかを同時に確認いたします。

エアパージは電動真空ポンプ方式にて行います。真空引き⇒気密検査⇒真空乾燥と約15~20分ほどお時間がかかります。真空引きはエアコン工事代金に含まれてます。

真空ポンプ

タスコTA150SB-2

TA150SB2
6畳用から5.6kwタイプエアコンにて使用しています。真空ゲージ、チャージショートバルブと組み合わせて使用しています。

タスコTA150F

TA150F 
6kwタイプから~小型パッケージエアコンエアコンに使用しています。真空ゲージ、チャージショートバルブと組み合わせて使用しています。